製品紹介

シュウマイ成型具“ギュット”とはどんなもの?
現在のところ、タイプA,タイプBとタイプCの3種類ございます
動画を交え、ご説明いたします


 ママといっしょに作ってみよう!
 パパといっしょに作ってみよう!
 バアバといっしょに作ってみよう!
 ジイジといっしょに作ってみよう!

 

成型具タイプAにて、シュウマイの作り方をイラストと写真により、順を追ってご説明いたします

タイプBもタイプCも作り方は同じです

とても、簡単です

 

一口サイズのシュウマイ(タイプA)

一口サイズのシュウマイが作れる成型具です

複数種サイズのシュウマイ(タイプB)

ジャンボサイズのシュウマイから一口サイズのシュウマイまで、3種類の大きさのシュウマイが作れます

 

 

3種の上部パーツをご用意しており、これを交換することにより、直径2,3,4cmの大きさのシュウマイを作ることができます。

 3枚の上部パーツと1枚の下部パーツで、1セットとなっております。

 

下部パーツの先端をひねりながら上部パーツを差し込むことにより、簡単に組み立てることができます。

 組立の際、ある個所を組み合わせたら、その対向する個所を組み合わせるようにするのが、ポイントです。

 

次の動画をご覧ください。

1).成型具“ギュット”の組立

 

2).シュウマイの成型作業

 

3).シュウマイの調理と盛りつけ

複数種サイズのシュウマイ(タイプC)

 

本商品は、タイプBの改良品です。

 

 上部パーツと下部パーツの脱着が確実に容易に行えるようにしました。

 

 下部パーツ先端の穴部に設けた“突起”の幅を大きくして、傾斜部を設けました。上部パーツ先端のくびれ部分をこの傾斜部に沿って押し込むことにより、上下部パーツを容易に組み合わせることができます。上部パーツが下部パーツの穴部に押し込まれると、上部パーツはこの突起に阻まれ、上下部パーツが外れることはありません。

 

 上下部パーツの結合を解くには、下部パーツ先端をひねることにより隙間が生じ、簡単に外すことができます。